• トップ
  • 平成21年度 第6回 全国高等学校合同チームラグビーフットボ-ル大会
過去の大会

平成22年度 第6回
全国高等学校合同チームラグビーフットボ-ル大会

KOBELCOカップ2010

大会要項

主催 (財)日本ラグビーフットボール協会
主管 関東ラグビーフットボール協会
(財)全国高等学校体育連盟ラグビーフットボール専門部
長野県ラグビーフットボール協会
長野県高等学校体育連盟ラグビーフットボール専門部
後援

(財)全国高等学校体育連盟
長野県教育委員会
上田市
上田市教育委員会
菅平観光協会
菅平旅館組合
毎日新聞社
信濃毎日新聞社
SBC信越放送株式会社
毎日放送

特別協賛 神戸製鋼グループ
協賛 ロート製薬株式会社
目的
  1. 青少年の健全育成に寄与するともに、ラグビーフットボールの普及と競技力の向上を目指す。
  2. 全国9ブロックより選抜されたU17代表選手による高レベルの試合を通して、ラグビーフットボール競技に必要な基礎体力・技能・知識等、選手の資質向上を図る。
  3. 部員不足の学校の生徒で構成するU18ブロック代表を編成し、競技することによりラグビーの普及を図る。
期日 平成22年7月26日(月)、27日(火)、28日(水)、29日(木)
会場 長野県上田市菅平高原 サニアパーク(主会場)
競技規則 (財)日本ラグビーフットボール協会制定の平成21年度競技規則(2009~2010)による。
競技方法
  1. 予選・決勝とも、リーグ戦により順位・優勝を決定する。
  2. 試合時間はU18チームは1試合15分ハーフ、U17チームは1試合20分ハーフとする。また、1日の試合数は1チーム3試合以内とする。
  3. 試合組合せは大会実行委員会において抽選で決定する。
参加チーム 及び
参加選手の資格
  1. 参加選手は(財)日本ラグビーフットボール協会に登録していること。
  2. 参加チームは高等学校等に在籍する生徒で構成する。
  3. U17チームは開催年度の4月2日現在で、17歳未満であること。
    U18チームは開催年度の4月2日現在で、18歳未満であること。
    U18チームにU17の選手が参加することはできる。
    但し、16歳の選手で十分な試合経験のない者の試合出場は見合わせること。
  4. U18チームは2009年(平成21年)12月1日から2010年(平成22年)3月31日までの期間に、単独チームで公式大会に参加できなかったチームから選抜する。
  5. 各ブロックで参加が認められた者。
  6. (財)日本ラグビーフットボール協会の「日本協会選手・役員規定」 に違反する者は参加できない。
  7. その他、参加資格に疑義がある場合は大会実行委員会で裁定する。
罰則
  1. 参加資格を偽った者、参加資格のない者が参加した場合は、規律委員会で裁定する。
  2. その他スポーツマンシップに反する行為があった場合は前項に準ずる。
選抜方法 各ブロックでU17・U18それぞれ1チームを選抜する。なお、ブロックは下記の通りとする。
北海道 東北 北信越 関東 東海 近畿 中国 四国 九州
表彰 決勝リーグの1位を表彰する。
カップ優勝チームにはKOBELCOカップが授与される。
開閉会式
レセプション
代表者会議:7月26日(月)19時~21時
        場 所 菅平高原国際リゾートセンター
開会式   :7月27日(火)9時
講習会   :7月28日(水)9時より12時まで
レセプション:7月28日(水)17時より19時
閉会式   :7月29日(木)競技終了後

「KOBELCO CUP 2010」神戸製鋼コベルコスティーラーズからの参加選手決まる

今年度も選手指導としてご協力頂きます、神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手が決定しました。

昨年度と同様に、神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手たちは、U18チームの各ブロックに担当分けされ、27日(火)の予選リーグならびに28日(水)の講習会で選手指導を行う予定です。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ参加選手

担当ブロック選手名ポジション出身高校
1北海道森田 恭平SO大阪工大高
2東北大石 嶺FB流経大柏
3関東鈴木 敬弘LO流経大柏
4北信越大橋 由和FL大阪工大高
5東海高木 聡CTB四日市農芸
6近畿元木 由記雄SH大阪工大高
7中国南條 健太FL大阪工大高
8四国近藤 洋至PR明石清水
9九州田中 渓介CTB伏見工

※今後、ケガ等の事情で参加選手が変更になる可能性があります。

全国高等学校合同チームラグビーフットボ-ル 大会一覧

16th SENBATSU RUGBY 選抜大会出場記念品はこちら