• トップ
  • スクラムにおける19歳未満標準競技規則の適用について(通知)

スクラムにおける19歳未満標準競技規則の適用について(通知)

平成19年7月18日
(財)日本ラグビーフットボール協会
会長 森 喜朗
(財)全国高等学校体育連盟ラグビーフットボール専門部
部長 前田 嘉昭

平成19年度第62回国民体育大会ブロック大会及び第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会地区大会より、スクラムは競技規則「19歳未満標準競技規則」を適用し、従来の「国内高専・高校以下用」は適用しないこととします。

つきましては貴会所属チームに対し、スクラム講習会等に参加して十分なスクラム練習を実施したうえで大会に参加するなど、安全対策を徹底するようご指導ください。

  1. 旧:プロップとロックの5人対5人がスクラムを組む
    新:8人対8人で スクラムを組む
  2. 旧:クラウチ・タッチ・ポーズ・エンゲージの4段階で組む。
      プロップはタッチした手は離さないままエンゲージで組んだ。
    新:クラウチ・タッチ・ポーズ・エンゲージの4段階で組む。
      プロップはタッチ後すぐに手を離してエンゲージで組む。
参考:「クラウチ」でフロントローは腰を落とした充分な姿勢をつくる。
「タッチ」でフロント1・3番は外側の腕で、相手の肩の外側に軽く触れ、その後離す。
レフリーは「ポーズ」のコールで充分な静止状態を確認した上で、「エンゲージ」をコールする。
「エンゲージ」は命令ではなく、フロント同士で準備ができたら組み合ってよい、というコールである。
(原文:H18.12.14付JRFUホームページより)

16th SENBATSU RUGBY 選抜大会出場記念品はこちら